blogブログ

2022.06.04<代表より> 経営のワンポイントアドバイス ~ 経営者が良く言う「数字が苦手」。それは勘違いではありませんか? ~ 財務経理コンサル

~ 「数字が苦手」と勘違いしていませんか? とは、いったいどういうことなのか? を説明しています。 (財務経理コンサル)  ~


皆さま


おはようございます。
東京と長野県佐久市の2拠点で事業を行なっている代表の荷山です。


数字が苦手と勘違いしていませんか?
 

社長は会社の経営の舵取りです。それは社長しかできません。 役員や社員、パートさんはできません。

 

経営の舵取りにおいて重要なものの一つに、会社の数字があります。

数字は定量と言われ、目に見えるものです。会社の経営状況がハッキリと見えるのが、この数字です。

 

会社の数字を見るのに一般的なものとして、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書(資金繰り表)があります。

 

この会社の数字は、人間に例えられます。

お金の流れは、血液です。血液の流れが止まってしまえば人は亡くなってしまいます。同様に、お金が無くなれば会社は倒産します。これは資金繰り表によって分かります。

 

また、体が健康かどうかを知るために健康診断を受けます。その診断結果(数字:健康診断書)で身体の中に異常がないかどうかが分かり、異常があれば対策と改善をして、健康を取り戻します。

同様に、会社が健康かどうかを知るために会計ソフトに入力をし、その結果(数字:貸借対照表と損益計算書)で経営状況に異常がないかどうかが分かり、異常があれば対策と改善をして、業績を取り戻します。

 

「体の健康と同じように、もっと知ってほしい! 資金繰りの大切さと数字で経営する大切さ」

 

数字が苦手と言っていた社長が、毎月数字を見ることによって数字に慣れ理解できるようになり、対策・改善を繰り返すことによって、目を輝かせるようになります。

それを見て私は思いました。社長は数字という言葉が苦手なのだと。

 

ですので、数字が苦手と話す社長には、「勘違いしていますよ」と言ってあげたいです。



~ 東京都北区・豊島区・長野県佐久市で財務経理コンサルティングと経理アウトソーシングを行なっている Easy to Live & Work株式会社 ~


前期比2倍の利益とキャッシュを生み出す
「小さな会社の資金繰りと利益改善専門」経理プロ

<ホームページ 全面リニューアル>
https://e-livework.co.jp/



Facebook
Easy to Live & Work のfacebookページです。





無料相談はこちらをクリック!