blogブログ

2021.11.09【役立つ記事付】競合との違いを考える

~ 資金と経営の見える化支援 Easy to Live & Work株式会社 ~

 

皆さま

こんにちは。

東京と長野県北佐久郡の2拠点事業の代表の荷山です。


ランチェスター戦略や経営者の勉強会、そして公共の経営相談や色々な経営者からのアドバイスによって、

「自社の売り」が徐々に見えてきた気がします。


自社の売りは、まず競合との違いを導き出すこと。

 

自社の競合は、税理士、中小企業診断士、経理記帳代行会社の3つ

 

競合との違いは、「税理士、中小企業診断士、経理記帳代行会社がやっていないことで、

自社がやっていること」ではないかと。

 

税理士がやっていないことで、自社がやっていること

+(プラス)

中小企業診断士がやっていないことで、自社がやっていること

+(プラス)

経理記帳代行会社がやっていないことで、自社がやっていること

 

これらをミックスすると、競合との違いが見えてくる。

 

<自社の売り>

① 現場サイドから経営を良くする企業の組織の潤滑油

② 社長の悩み相談現場に入って社内改善

③「相談相手のいない小さな会社専門」の経理プロ

 


Facebook
Easy to Live & Work のfacebookページです。



【役立つ記事】

企業の成長に大切な、企業文化の可視化と公表

 

 

近年、企業文化を明文化し、ホームページなどで発表する企業が増えています。
企業文化とは、従業員の間で共有されている自社の価値観や理念のことで、企業を運営していくうえでの指針にもなるものです。
企業文化は長年の会社の歴史と業務形態などによって培われていくものだと思われがちですが、歴史の浅い企業であっても、企業文化を構築することは可能です。
自社の企業文化を根付かせるために必要な可視化と公表について、説明します。

 

詳細記事はこちらになります。


更に更に、お得な情報などをお伝えしています。

登録は20秒!!



~ 経理アウトソーシングで安心と笑顔を届ける ~

前期比2倍の利益とキャッシュを生み出す

「小さな会社の資金繰りと利益改善専門」経理プロ



無料相談はこちらをクリック!