blogブログ

2021.11.10<代表より>補助金の加点項目(計画の認定)

~ 資金と経営の見える化支援 Easy to Live & Work株式会社 ~

 

皆さま

 

こんにちは。東京と長野県佐久市の2拠点事業の代表の荷山です。

 

今後、毎週水曜日に代表の荷山が配信いたします。

事業に関係のある情報をお伝えいたします。

 

今回は、補助金の加点項目についてです。

 

① 事業継続力強化計画
② 経営革新計画

 

この2つは、実は「ものづくり補助金」の加点項目になっています。

 

現在、9月1日~11月11日まで、ものづくり補助金の申請期間です。
その前に、この加点項目の認定を受けるため、お客様の2つの計画作成を進めています。

 

この2つの計画の認定を受けるのに申請から時間がかかります。
ゆえに、ものづくり補助金の申請期限とこの計画の認定までの期間に気を付けなければなりません。
認定を受けないと加点項目として加味されないからです。(申請中は加点となりません)

 

申請から認定までの期間
① 事業継続力強化計画・・・約45日(申請後修正が入ると、更に時間がかかる)
② 経営革新計画   ・・・約1ヶ月から2ヶ月又は3ヶ月以上(都道府県によって違う)

 

<事業継続力強化計画>
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/bousai/keizokuryoku.htm

 

<経営革新計画>
https://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chushokigyo/keieikakushin_shien/keieikakushin.html

 


Facebook
Easy to Live & Work のfacebookページです。



【役立つ記事】

従業員の幸せは会社の利益に直結! 生産性を向上させる新たな考え方

 

近年、会社の『生産性』をあげるには、従業員の“幸せ”が大切だということがわかってきました。
アメリカの先進的な企業では、“従業員の幸せ”という観点からマネジメントを行う部署が一般的になりつつあり、『チーフ・ハピネス・オフィサー(CHO)』という役職も導入されています。
つまり、従業員が自社で幸せに働けるようにすることが、会社の目標になってきているのです。
なぜ、従業員の“幸せ”が、会社の“生産性”に大きな影響を与えるのでしょうか。
今回は、従業員の幸せと生産性の関係性についてご説明します。

 

詳細記事はこちらになります。

https://mi-g.jp/mig/article/detail/id/24868?office=IYECO1OthqA%3D


更に更に、お得な情報などをお伝えしています。

登録は20秒!!



~ 経理アウトソーシングで安心と笑顔を届ける ~

前期比2倍の利益とキャッシュを生み出す

「小さな会社の資金繰りと利益改善専門」経理プロ



無料相談はこちらをクリック!