blogブログ

2021.11.10【役立つ記事付】テレワーク時に発生する経費、どの範囲までなら認められる?

~ テレワーク時における経費の範囲や会計処理の仕方などを確認しましょう。 ~

 

皆さま

 

こんにちは。長野県北佐久郡、スタッフのちひろです。

 

今回は経費がテーマということで、私もかなり前のめりなんですが、

 

会社の仕事を自宅などでするとなると、当然のように場所の提供あるいは設備や備品を使うことになるわけで、

 

改めて考えると生活と職場の境界線がわかりにくいですね。

 

いろいろなものがグレーゾーンに捉えてしまいそうですが、実際はそんなことなく、きちんと交通整理すればモヤモヤがスッキリに!

 


Facebook
Easy to Live & Work のfacebookページです。



【役立つ記事】

テレワーク時に発生する経費、どの範囲までなら認められる?

業務上発生する通信費や光熱費、事務用品代やパソコン代などの費用は、ほとんどが経費として認められています。
しかし、ここ最近はテレワークの普及により、従業員の自宅など、オフィス以外の場所でこれらの費用が発生することも多いでしょう。
家のインターネット回線を仕事に使用するなど、私的な空間でも業務が行われると、経費として認められる範囲がわかりづらいものです。
判断に迷わないためにも、テレワーク時における経費の範囲や会計処理の仕方などを確認しましょう。

 

詳細記事はこちらになります。


更に更に、お得な情報などをお伝えしています。

登録は20秒!!

 

~ 東京都北区・豊島区・佐久市で経理コンサルティングと経理アウトソーシングを行なっている Easy to Live & Work株式会社 ~

前期比2倍の利益とキャッシュを生み出す
「小さな会社の資金繰りと利益改善専門」経理プロ

<ホームページ 全面リニューアル>
https://e-livework.co.jp/

 



無料相談はこちらをクリック!