blogブログ

2021.11.12<代表より>経営革新計画の特典とメリット

~ 資金と経営の見える化支援 Easy to Live & Work株式会社 ~

 

皆さま

 

おはようございます。東京と長野県佐久市の2拠点事業の代表の荷山です。

 

現在、お客様の経営革新計画の作成を行なっています。

 

実は、自社でも新事業の構想があります。

その新事業は、最終的に雇用創出・雇用促進・地方創生に貢献する事業です。

自社でも経営革新計画に取り掛かることにしました。

 

経営革新計画は、特典がいくつかありますが、それ以外に計画をつくるメリットがあります。

この両方を得たいと思っていますが、特に将来像の言語化を得たいと思っています。

 

新事業を考えている方は、ぜひ経営革新計画に取り掛かることをオススメいたします。

将来像がはっきりと言語化でき、構想や相手に伝えることがしやすくなります。

 

<経営革新計画ガイドブック>

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/pamphlet/2021/download/210304kakushingb.pdf

 

【特典】

● 信用保証の特例(銀行からの信用保証協会付け融資)

① 普通保証等の別枠設定と②新事業開拓保証の限度額引き上げ

● 日本政策金融公庫の特別利率による融資制度(低利融資)

● 補助金の加点

● その他

 

【メリット】

● 事業計画(ビジネスプラン)を作成し、計画的な経営ができる。
● 社内及び取引先(ステークホルダー)に取組を簡潔に説明できる。
● 中小企業等経営強化法に基づいた県の承認である。
● 社長のノウハウや経験を後継者や社員に伝えていく「しくみ」ができる。
● 事業や会社の停滞感を打破できる。
● 会社や事業についての外部評価を聞くことができる。
(税理士等に普段相談しているが)セカンドオピニオンが聞ける。



Facebook
Easy to Live & Work のfacebookページです。



【役立つ記事】

融資を受けた際の会計処理について知っておこう

コロナ禍により業績が悪化し、資金調達を行わなければならない企業が急増しています。
主な資金調達の方法には『株式の発行』『社債の発行』『金融機関からの融資』があります。
なかでも金融機関からの融資は、多くの企業が利用する方法です。
今回は、主な資金調達手段の概要と、このうち特に押さえておきたい事項として、融資を受けた際の会計処理の方法に焦点を当てて解説します。

 

詳細記事はこちらになります。


更に更に、お得な情報などをお伝えしています。

登録は20秒!!



~ 経理アウトソーシングで安心と笑顔を届ける ~

前期比2倍の利益とキャッシュを生み出す

「小さな会社の資金繰りと利益改善専門」経理プロ



無料相談はこちらをクリック!